家族漫画13-1-min
家族漫画13-2-min
家族漫画13-3-min
家族漫画13-4-min
家族漫画13-5-min
家族漫画13-6-min
家族漫画13-7-min
家族漫画13-8-min

世の中理屈通りにいけば苦労なんてしないさ

次男にぃ君3歳。今でこそ手のひらを相手に見せるスタンダードバイバイをしていますが、2歳の頃は絶賛逆さバイバイでした。

(逆さバイバイ:手のひらを自分に向けてするバイバイ。通常のバイバイと手の向きが逆になる。発達が凸凹な子がやるとかやらないとか。※定型発達の子でも見られます)

1歳から、おいでおいでのようなかたちの手招きバイバイから始まり、だんだんと逆さまになっていった次男のバイバイ。

心理士の方に次男の様子を見てもらった時、スタンダードバイバイへの移行のコツを教えてもらった母は、早速次男の前でバイバイをして見せます。

…変わ…らねーよ!!

顔も広くなければコミュニケーション能力も高くない私は、人に向かってバイバイする機会も少ないので、次男と一緒に電車に向かってバイバイをする日々でした。

が、全く変化のない次男のバイバイ。
そして、容赦なく振りかざされる長男の正論。

子どもの正論は、時としておとなの心を残酷に削ってくる…。



以上、もろこしでした!


★LINEで読者登録はこちらから★
読者登録をするとLINEに更新通知が届きます
ぜひぜひ登録お願いいたします!
↓ ↓ ↓
LINE読者登録


発達凸凹の子と逆さバイバイの関係性を知りたい方は以下の書籍が参考になります。